鉱夫オーム:

逃げたくても……あの恐ろしいヘ
ビーオームのせいで……