ルケイン:

お前さんのお陰で大事な思い出を
また手元におけることができる。
本当にありがとう。